ご挨拶

私ども株式会社大光ノースイは冷凍農産物、水産物の取り扱いに強みを持つ冷凍食品メーカー「株式会社ノースイ」のかきフライ工場として2000年に設立され、現在に至っております。

現在、日本国内で生産されている冷凍かきフライは年間10,000トン前後で、従来、秋から冬に販売時期が限定される傾向にありましたが、製品品質の向上と惣菜マーケットの成熟化に伴い、ほぼ周年商材として取り扱われるようになりました。

当社は、徹底した安全管理のもとで、牡蠣の鮮度、衣の味やサクッとした食感にこだわった製法でかきフライを作り上げておりますが、量販店惣菜売り場や外食ユーザー、生活協同組合宅配ルート等、日本全国のお客様にお取り扱い頂き、その生産数量は国内生産量の約25%に届くまでになっております。

ひとえに、当社の製品品質をお認め頂き、お取り扱い頂いている皆様のお引き立てが有っての事と、大変感謝致しております。

近年、水産資源の国際的な争奪戦が取りざたされる中、『牡蠣』は、栄養価も高く、環境に優しい養殖業として、日本の北から南まで多くの産地に恵まれた日本を代表する食材です。

その販路は日本国内に留まらず、海外からも注目されており、私ども大光ノースイは、『良質で、安全、安心な製品づくり』を社是とし、今まで以上にお客様に美味しいかきフライをお召し上がり頂けるよう従業員一同、努めて参ります。

株式会社 大光ノースイ
代表取締役社長 林広之