先輩社員メッセージ

管理部 / 鶴崎 楓 / 2012年入社

管理部の私の仕事は経理と総務です。例えば経理は月初めに先月の取引について会計ソフトに入力し月次決算業務を行います。総務は従業員さんの入社の手続きや、従業員さんから依頼された社会保険関係の手続きをします。その他にも給与計算や税金の申告、納付も私の仕事です。

高校の頃、簿記やワード、エクセルなどの勉強をしていたため、それを活かせる仕事がしたいと思っていました。高校を卒業し、大光ノースイに入社してからも、簿記やワード、エクセルの勉強は無駄にならず今でも活かされています。
しかし、高校の勉強だけでは補えないこともありました。社会保険関係は、勉強はしていましたが実際に手続きをしてみると難しいことも多く、入社当初は戸惑いました。現在は経験も増え、時間をかけずに手続きができるようになりました。社会人になり思ったことは、社会人も勉強が必要だということです。仕事をしていく上で、わからないことは必ず出てきます。その時はわからないままにせず、すぐに調べることが大切だと学びました。覚えるまで何度も調べていけば、調べなくても手続きが素早くできるようになります。その時は自分の知識が増えたことに喜びを感じます。
また、様々な年代の従業員さんとの会話も高校ではできなかったことなので、自分にとってよい経験になっています。かきフライの製造には直接関わらない仕事をしていますが、従業員さんの社会保険関係のサポートなどで少しでも従業員さんの心を軽くし、仕事がしやすい環境をつくれたら嬉しいなと思っています。


製造部 物流班 / 福川 和也 / 2014年入社

入社当初から製造部に配属され全工程を研修し、今では製造現場の一連の作業工程を行えるようになり、新しく入社された方の指導も任されるようになりました。そもそも、私がこの会社に入社したきっかけは、ここで働いている知人から、「社内の雰囲気が良くアットホームな会社で働きやすいよ」、と聞いたことでした。面接を受けてみると確かに堅苦しい雰囲気はなく、工場内もきれいで働きやすい環境だなと感じ、即入社することを決めました。

約6ヶ月間かけて全工程を研修させて頂いた時は、どの工程の班長も丁寧に教えてくれたので、順調に仕事を覚えることが出来たと思います。その時に言われたことは、「失敗してもいいから思ったようにやったらいい。仮に失敗しても失敗したことでそのことについて多くを考え、より深く理解できるようになる!!」と言われたことが今でも印象に残っています。今でも仕事の時にこの言葉を思い出すことがあり、いいアドバイスを頂いたなと思っています。昨年からは冷凍保管庫の担当となり新人さんと一緒にガンバッテいます。



最近思うことは、「仕事は人とのコミュニケーションが大切だ」ということで、仕事を通してコミュニケーションの取り方を学んでいます。今はまだまだ未熟者ですが、いつかは班長になり、みんなに信頼されるような人になりたいと思っています。


品質管理室 / 平田 美咲 / 2011年入社

私は品質管理の仕事をしています。品質管理の仕事の中で私が担当しているのは、工場で使用する原料やその原料で製造した製品、及び製造環境の微生物検査と、製造時の各工程の製造条件の確認記録を行っています。入社した当時は微生物検査の経験がまったくなく、右も左も分からない状態でしたが、室長や先輩が丁寧に教えてくださったおかげで、今は一人で問題なく微生物検査が行えるようになりました。検査をするにあたり、いろいろな微生物に関する知識も必要で大切ですが、日々検査を行うことの経験が自分を成長させてくれたように思います。

担当している微生物検査の業務は、製品の安全を維持するために重要な業務なので、責任を感じる分やりがいもあり、日々の仕事がとても充実しています。現場の方から声を掛けて頂くことでやる気も湧いてきて私のモチベーションにもつながっています。



品質管理の業務は直接製品をつくる業務ではありませんが、お客様が安心して購入して頂けるような安全な製品を工場が製造し提供できるように、工場の一員としてこれからも頑張っていきたいと思います。